新たな開発業務としてクロスメディア業務が、候補に上がっていたが、メディアの種類、システム構成、AR技術の導入等、具体的な開発方針がFixしてきた。 –>詳細はこちら